このブログを検索

2015年5月4日月曜日

ボリビア与党MASは、ベニ県知事選、タリハ県知事選で敗れる。

 ベニ県知事選、タリハ県知事選は、決選投票となり、最終的に与党であるMAS
は敗れた。ボリビアを制圧しているエボ政権であっても勝てなかった ことは、
どのような意味があるのか。長期的にMASが衰退するのか、変化するのかまった
くわからない。エボ大統領は、次期大統領選挙に出馬をしな いと明言してい
る。後継者候補の選出を望んでいるが、MASの内部では遺留する動きが強いようだ。
 緑の部分 野党 サンタ・クルス県、ベニ県、タリハ県は、ボリビアの東部に
わたり、ボリビア国土の半分近い地域、経済力も強い。ラパス、コチャ バンバ
と対抗するような形成となっている。緊張感はたかまるが、ボリビアは、暴力的
な国内紛争は極めて少ない。